初めての借り入れ!消費者金融でいくら借りられる?

MENU

アイフルで借りるメリット・デメリット

アイフルの基本情報

限度額

500万円まで

金利

実質年率4.5〜18.0%

申し込み対象

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方

取引期間中に満70歳になった時点で融資を停止

資金用途

資金使途(利用目的)は問わない

(個人事業主の場合は生計費及び事業費)

担保・保証人

不要

返済方式

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

返済期日

1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い

返済期間・回数

借入直後最長14年6ヶ月

1〜151回

遅延利率

実質年率20.0%

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード
  • 健康保険証(+住民票など)

 

書類に記載されている住所が違う場合は以下の書類も必要

 

  • 現住所が記載されている本人確認書類(健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳など)
  • 公共料金の領収書
  • 官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など)

発行日から6カ月以内のもの

 

収入証明書

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 住民税決定通知書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 所得証明書(最新のもの)

アイフルでの借入額が50万円以上、他社借り入れ合わせて100万円超の借入になる場合のみ収入証明書が必要

 

アイフルは銀行傘下に入っていないノンバンクで唯一大手といえる消費者金融です。

 

その為、他の消費者金融にはない独自のサービス展開をしています。

 

上記の貸付条件はアイフルの通常のカードローンですが、最近では「ファーストプレミアム・カードローン」という別のプランも扱っており、他にも用途に合わせて選べるローンプランがあります。

 

アイフルの申し込み方法は?

 

アイフルへ申し込む場合は以下の方法がとれます。

 

  • ネット申し込み
  • 自動契約機(てまいらず)
  • 電話
  • アイフル有人店舗

 

アイフルではネット申し込みは可能で、WEB完結も可能ですが、カードレスでは契約できません。

 

その為、ネット申し込みからWEB完結をした場合は、郵送でローンカードを受け取るか、自動契約機から発行が必ず必要です。

 

即日融資を希望している場合は、ローンカードの発行は自動契約で行ってください。

 

カードを郵送受け取りにすると、最短でも契約の翌日にしか借入が出来ません。
(カードの郵送を翌日にしたい場合は15時までに契約手続きを完了)

 

自動契約機を申し込みから利用することも可能です。

 

電話申し込みの場合は、初めての申し込みの方と利用者とで、番号が分けられておりそれぞれ対応してもらえます。

 

また、アイフルは女性向けのカードローンプランがある為、女性専用ダイヤルも設けられているので、安心して電話申し込みや問合せが可能です。

 

アイフルは自動契約機の他にも有人窓口店舗があるので、アイフルの方と対面で相談しながら申し込みをたい方には店舗申し込みがおすすめといえるでしょう。

 

アイフルで借りるメリットは?

 

アイフルで借りる事で受けられるメリットを簡単にまとめると以下の通りです。

 

アイフルのメリット

  • 30日間無利息サービス
  • 配達時間えらべーる
  • 女性向けプランSuLaLi

 

アイフルの無利息サービスはいたってシンプル!

 

無利息期間サービスは他の消費者金融でも扱われていますが、各社条件が設けられています。

 

アイフルの無利息期間サービスも、アイフルで初めての契約ある事が条件となっていますが、それだけです。

 

他消費者金融の無利息期間サービス条件は、初めての契約以外にも設けられている事があります。

 

しかし、アイフルの場合はアイフルに初めて申し込みをし、契約をするだけで、無利息期間サービスが適用してもらう事が可能です。

 

その為、あまりカードローン契約に慣れてない借入初心者の方でも簡単に無利息期間を利用できるといえます。

 

郵送物が届く時間を指定できる

 

アイフルは先述もしたように、カードレスでの契約は出来ません。

 

その為、ローンカードを発行する為の工夫として、郵送の際に時間指定が出来、契約者本人限定受取で送ってくれる「配達時間えらべーる」というサービスがあります。

 

「配達時間えらべーる」では、午前中・12〜14時・14〜16時・16〜18時・18時〜20時・12〜21時の6つの中から時間指定が可能です。

 

15時までにカードローン契約手続きを完了させる事で、翌日の郵送で時間指定が出来ます。

 

15時を過ぎると翌々日の郵送となってしまうので、なるべく早く融資を受けたい方は15時までにカードローン契約手続きが完了できるように申し込みましょう。

 

受取は契約をした本人しか出来ないので、家族が受け取って中身を見てしまうような事を心配しなくても済みます。

 

カードの郵送は借り入れがバレる原因となり易いので、配慮があるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

女性向けカードローンがある

 

基本的にレディースローンのような女性向けプランが設けられていても、電話確認などの担当者が女性オペレーターになるだけ。という事が多いです。

 

ところが、アイフルのレディースローンSuLaLiは、貸付条件も通常のカードローンプランとは別に設けられている珍しい女性向けカードローンとなっています。

 

金利は通常カードローンと変わりませんが、最高限度額が10万円と少額です。

 

また、SuLaLi専用ローンカードはデザインが凝っており、一見ではローンカードと分からないようになっています。

 

カードローンで借り過ぎてしまうのが怖い…といった方は、一番高くても10万円までしかSuLaLiでは借りられないのでオススメです。

 

加えて、SuLaLiで契約した場合、アイフルからの連絡が原則、SMSになり電話やハガキで連絡がないという配慮もあります。
(返済遅延などをしていて連絡が付かない場合は除く)

 

アイフルで借りるデメリットは?

 

一番のデメリットは、アイフルではどうしてもローンカードを発行しなくてはいけない事でしょう。

 

他の大手消費者金融では、WEB完結をする事でカードレス契約も可能なことが多いです。

 

ローンカードの発行がなしに出来れば、自動契約機まで行く手間も郵送物に気を配る必要もありません。

 

ところが、アイフルの場合はカードレスにするほど振込融資に自信がないようで、何時までであれば最短即日振込!というような情報が公式サイトに載っていません。

 

加えて、特定の口座への振込であれば24時間いつでも最短即日・即時振込可能!というような事もないので、融資を振込で受けたい場合は不便といえます。

 

その為、即日融資の確実性を上げるには、アイフルの場合自動契約機までローンカードを取りに行った方が良いでしょう。

 

しかし、その場合にも若干問題があります。

 

というのは、アイフルの自動契約機は設置台数が少ない(全国に800台ほど)為、利用者の生活圏内すぐにあるとは限らないからです。

 

振込融資が即日で受けられる可能性が不透明で、自動契約機が自身の生活圏にない場合は、アイフルでの契約は向かない可能性が高いでしょう。