初めての消費者金融おすすめは?限度額いくらで借りられる?

MENU

学生がお金を借りる方法は?学生ローンや奨学金以外はどう?

 

高校生や大学生にもなると身の回りでお金が必要になる機会が増えると思います。

 

中には両親などに頼んで家計からお金を出してもらうのは忍びない場合などもある事でしょう。

 

もしくは、とても家計では賄えない金額でどこかからお金を借りるしか方法がない場合もあると思います。

 

学生がお金を借りる方法は?

 

学生でも実はお金を借りる事が出来ます。

 

ただ、高校生など未成年の学生は、原則、保護者の同意なしには借り入れが出来ない点は理解しておきましょう。

 

20歳以上の学生であれば、保護者の同意がなくてもお金を借りる方法があります。

 

学生がお金を借りる方法として以下が挙げられます。

 

学生の借り入れ方法
  • 奨学金
  • カードローン
  • 学生ローン
  • クレジットカード

 

一番無難で有名なのは奨学金でしょう。

 

奨学金は学費や家賃などの他に生活費にも利用可能で、お金を借りる方法の中では一番低金利で利息がかかりにくいです。

 

ただし、奨学金は申込から実際に融資を受けるまでに時間がかかるので、緊急の借入には向きません。

 

急ぎでお金を借りたい場合はカードローンがおすすめです。

 

カードローンは、満20歳以上でアルバイトなどで安定した収入があるなら学生でも契約が出来ます。

 

カードローンは消費者金融や銀行で契約出来ますが、銀行の中には学生への融資対応をしていないところもあるので注意しましょう。

 

学生ローンは、普段見聞きする機会が少ないかもしれませんが、名前の通り学生専用のローンです。

 

学生ローンは、カードローンを自分名義では契約できない学生の方などを専門に、融資対象にしている中小消費者金融で扱われています。

 

クレジットカードもカードローンと同じような要領で、キャッシング枠を利用してお金を借りる事が可能です。

 

クレジットカード自体にキャッシング枠が付いていない場合は、キャッシング枠の申し込みからする事になり、カードローンよりも借り入れに時間がかかる可能性があります。

 

また、キャッシング機能はクレジットカードのメイン機能ではないので、カードローンよりも利便性が劣る面が否めません。

 

未成年はローン契約できない?学生ローンなら可能?

 

20歳未満の学生の方の場合は、基本的に消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードでお金を借りる事が出来ません。

 

未成年の場合は、基本的に保護者の同意が必要で、法定代理人になってもらう必要があります。

 

その為、自分の名義で借り入れ契約をするカードローンやクレジットカードではお金を借りる事が出来ないのです。

 

未成年の学生の方がお金を借りる場合は、奨学金か学生ローンを利用することになります。

 

借りたい金額が高額に及ぶ場合は、融資を受けるまでに時間がかかっても奨学金で借りた方が良いです。

 

10万円ほどの金額までを未成年の方がなるべく早く借りたいなら、学生ローンを利用するのも良いでしょう。

 

学生ローンは、あまり普段馴染みがないのでどんな業者を使えば良いか見当がつかない場合は、イー・キャンパスアミーゴといった学生ローンにも対応している貸金業者がおすすめです。

 

学生ローンの中には、消費者金融の金利よりも高い金利設定の業者もあるので、契約先は吟味するようにしましょう。

 

学生でもローン審査は通過できるのか?

 

学生の方がローンなどでお金を借りる際に心配なのは、審査に通過できるか?という事だと思います。

 

基本的に学生の方は今までに与信状態にかかわるような契約をしていない事が多いです。

 

審査では信用情報という情報を開示し、過去の与信状態を精査するので、問題になるような履歴がなければほぼ審査に落ちる事はないといえるでしょう。

 

審査で不利になる信用情報上の問題には、以下のようなものが挙げられます。

 

審査に不利な要因
  • 虚偽の申し込み
  • クレジットカード支払の遅延・延滞
  • 携帯料金の支払い滞納
  • 複数借り入れ・申し込み
  • 金融事故

 

ローンなどに申込む際、学生という身分で審査に通るか不安で、申し込み情報で嘘を付いたりすることを考える方もいるかもしれません。

 

しかし、審査をする金融機関や保証会社もプロなので、嘘の申し込み内容には気づきます。

 

加えて、嘘をついたつもりはなくても申し込み内容に不備があると、嘘と判断されてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

学生の方が与信状態で注意したいのが、クレジットカードや携帯料金の支払い履歴といえます。

 

クレジットカードや携帯料金の支払い履歴は、信用情報に記録される情報です。

 

その際、支払い遅延を何度も繰り返していたり、長期滞納(延滞)しているような場合は、信用情報にそれらが分かるように記録されます。

 

すると、借り入れ審査の時に支払い遅れの情報が金融機関に把握される為、審査に落ちる可能性が高くなるのです。

 

他にも信用情報に、他社での返済能力に見合わない借り入れ件数や残高、債務整理や自己破産といった金融事故の履歴があると、審査に落ちてしまいます。

 

上述してきたような問題がなければ、学生の方でもローン審査の通過は可能です。

 

奨学金は成績が良くないと借りられないのは本当?

 

奨学金は日本学生支援機構奨学金が一番主な借り先ですが、他にも自治体や学校が独自で奨学金制度を設けている事もあります。

 

日本学生支援機構奨学金で借りる場合は、利息がかかる場合とかからない場合の2種類があります。

 

奨学金は学業の成績優秀者しか借りられないというイメージがあると思いますが、昨今は利息がかかる第二種の方であれば比較的借りやすい傾向にあるといえるでしょう。

 

第一種の奨学金は無利息で借りられる代わりに、審査に落ちてしまう事もあります。

 

ただ、第一種の審査に落ちても、第二種の奨学金なら借りられるという場合が多いです。

 

奨学金は保護者の方を保証人とし、収入証明書の提出も保護者のものが必要なので、内緒でバレずに借りる事は出来ません。

 

カードローンは親にバレずに学生でも借り入れ可能?他のメリットは?

 

カードローンの場合は、基本的に自分名義で契約をする事になるので、保護者の同意などが必要ありません。

 

その代り、学生であっても満20歳以上でアルバイトなどで安定した収入がある事が前提です。

 

20歳未満や安定した収入がない場合は、消費者金融と銀行いずれのカードローンも契約できません。

 

学生の方がカードローンで借り入れをするメリットは、家族にバレにくい点と限度額内で繰り返しお金が借りられる点です。

 

消費者金融のカードローンは、申し込みから融資までネット上で完了させるWEB完結契約が出来ます。

 

消費者金融でWEB完結契約をすると、自宅への郵送物をなしにしたり、ローンカードなしのカードレス契約が可能です。

 

実家に住んでいる場合、金融機関から自宅に郵送物が届いてしまうと、借り入れがバレてしまう事があります。

 

また、ローンカードを財布などに入れていて、家族や友人に借り入れをしている事がバレてしまう可能性も否めません。

 

銀行カードローンでは、自宅への郵送物もローンカードもなしにする事がないないので、バレない借り入れをしたい場合は消費者金融を契約先に検討すると良いでしょう。

 

限度額内で繰り返し借り入れが出来るというのは、消費者金融でも銀行でも同じです。

 

その際、カードローンを常用していくつもりなら、銀行の方が低金利なの長期の借り入れに向いています。

 

カードローンは、クレジットカードや奨学金と比較すると、借り入れも返済もし易いという点もメリットです。

 

クレジットカードは、借り入れ方法や返済方法が少ないわりに、金利が高いといえます。

 

奨学金は金利は低いのですが、即日融資は受けられませんし、融資は基本的に一度きりです。