初めての借り入れ!消費者金融でいくら借りられる?

MENU

カードローンは担保・保証人なしで契約可能!?

 

お金を工面する際、担保や保証人をなるべくなしで借りられる方法はないか?と考える方は少なくないでしょう。

 

借り入れをする理由は様々あると思いますが、担保や保証人を用意したことによって自分以外に迷惑が掛かることは避けたいものです。

 

ただ、実際に担保・保証人なしで借り入れをするのは、そんなに難しい事ではありません。

 

基本的に、消費者金融や銀行で取り扱っているカードローンは、担保・保証人不要のものがほとんどです。

 

目的ローンやビジネスローンのカードローン型の場合は、担保または保証人を求められることもありますが、生活費の補填や日常の雑費などを賄う用途なら、担保・保証人不要のカードローンが契約可能です。

 

ただし、カードローンは他の担保・保証人が必要な住宅ローンやカーローンなどに比べて、貸し付け利率が高めです。

 

というのは、担保・保証人不要である分の貸し倒れリスクを、金利という形で補うからです。

 

その旨は、各金融機関の金利設定の所に、「金利は保証料込みの値となっています」といった風に記載されていることもあります。

 

カードローン審査に必ず通りたいからといって、担保・保証人不要とされているのにそれらを用意しても、カードローンは契約できません。
原則、担保・保証人不要とされているからには、借り入れ希望者は等しく同じ状態で審査を受けることになります。
ただし、貸付側から連帯保証人を立てることを要求された場合は、第三者を連帯保証人とする必要が出てきます。

担保・保証人不要カードローンのメリット・デメリットは?

 

担保や保証人がなく契約できるなら、手軽だからカードローンにデメリットはないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

 

確かに、借り入れ契約をする際には、担保や保証人という点で契約がしたくても出来ない事があるので、その点においては自身の一存で契約できるカードローンは理があるといえます。

 

ただ、担保・保証人不要のカードローンには、メリットもあればデメリットもあり、意外とそのデメリットを理解しておかないと他のローンを契約した方が良かった!となりかねません。

 

担保と保証人がない事によるメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 借り入れ申し込みが簡単
  • 誰にも申告せずに借り入れ可能
  • 融資までが早い

デメリット

  • 貸し倒れ見込みにより金利が高め
  • その為借りられる金額が少ない
  • 返済不能でも完全自己責任

 

カードローンは、担保・保証人が不要である事で、簡単に申し込みが出来、融資も最短即日などと早いです。

 

ただし、簡単に借り入れが出来る分、返済が出来なくなった時のリスクヘッジ部分が、金利や借りられる金額などすべて自身に降りかかってきます。

 

その為、よく自身の収支を考えて利用しないと、借り過ぎで利息が膨らみ返済不能になっても誰も助けてくれません。

 

カードローンで保証人が求められるケース

 

原則、カードローンでは担保や保証人は求められません。

 

ところが、保証人に限っては付けないと契約できない事が稀にあります。

 

それは、返済能力がそのままでは認められない顧客に、金融機関が譲歩して融資を検討している場合です。

 

他には、原則カードローンは満20歳以上でないと契約できませんが、学生ローンなどで未成年が契約する場合なども保証人が必要といえます。

 

未成年がもしも専用のローンを契約する場合は、法定代理人(保護者)を保証人として立てる事で契約が可能です。

 

また、総量規制の例外貸付で配偶者貸付の精度を利用する場合などは、保証人ではありませんが配偶者の方の同意書などが必要となり、保証の代わりになるといえるでしょう。

 

基本的に、カードローン契約に際して与信状態が今一歩足りなかったり、特殊な契約をしない限りは先述もしたように保証人が不要な場合がほとんどです。

 

保証人と連帯保証人は違う!?

 

ちなみに、保証人と連帯保証人では微妙に役割が違います。

 

保証人は、借り入れ契約者本人に返済能力がわずかでもあれば、返済義務が発生せず、催告の抗弁や検索の抗弁という権利の主張が可能です。

 

催告の抗弁
貸付側が保証人に債務の返済を求めた際、先に借り入れ契約をした本人に返済の催告を求めるように請求出来る権利。

 

検索の抗弁
借り入れ契約者に債務に充てられる財産があるかどうかの精査(例:給与の差し押さえ、価値のある財産の差し押さえなど)がなされるまで、保証人は債務の返済を拒むことが出来る権利。

 

しかし、連帯保証人の場合は、借り入れ契約者の債務を本人と同じ責任をもって返済する義務が課せられます。

 

したがって、連帯保証人の場合は金融機関に返済を求められれば、借り入れ契約者本人に返済できる資金があっても、返済に応じなければいけません。

 

カードローン契約は同時に保証会社も利用する契約?

 

しかし、保証人不要であるのに、保証料が金地に含まれるとはどういう事か?疑問に思う事でしょう。

 

金利に含まれる保証料は、カードローン審査にも関わってくる保証会社に支払う割合です。

 

カードローンを扱っている金融機関は、個人にカードローンで貸付をするにあたって、万が一契約者が返済不能に陥った時のために、代位弁済をしてくれる保証会社を立てています。

 

ただし、カードローン契約手続きとは別に、借り入れ側は何か保証会社に向けて手続きが必要なわけではありません。

 

基本的に金融機関は、カードローン契約の際の与信審査を保証会社に任せます。

 

消費者金融の場合は、自社で保証もしていることが多いですが、銀行は消費者金融や信販会社を通してカードローン審査を行っていることが多いです。

 

何故、銀行カードローンは保証を貸金業者に任せているかというと、簡単に言えば、消費者金融や信販会社の方が小口融資のノウハウに長けているからです。

 

その為、カードローン契約申し込みをした時点で、保証会社へ債務の保証も申し込んでいるといえるでしょう。

 

実際、大体の金融機関のカードローン貸付条件や規約の中には、「保証会社の保証が受けられる方」という文言が入っていることが多いです。

 

これは暗にカードローンで借り入れできるかどうかの審査は、保証会社が行っていることを指しているといえます。

 

各金融機関の保証会社(一例)

  • 三井住友銀行=SMBCコンシューマーファイナンス
  • みずほ銀行=オリエントコーポレーション
  • 三菱東京UFJ銀行 =アコム
  • 新生銀行レイク=新生フィナンシャル株式会社
  • オリックス銀行=オリックス・クレジットもしくは新生フィナンシャル株式会社
  • じぶん銀行=アコム
  • プロミス=SMBCコンシューマーファイナンス
  • SMBCモビット=SMBCモビット
  • アコム=アコム

 

カードローン審査は保証会社が行っているというのは、結構大事なポイントです。

 

なぜなら、例えば、三井住友銀行では何も問題を起こしていなくても、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証している他のローンなどで信用情報に関わる問題があった場合、三井住友銀行カードローンの審査通過が難しくなるからです。

 

その為、もし返済の延滞や金融事故を起こした場合、その後契約できるローンなどの選択の幅が狭くなります。

 

ちなみに、上記を見ていただいて分かるように、保証会社を2社設けている金融機関もあります。

 

実は、保証会社が2社ある場合、どちらかのカードローン審査に通過することで借り入れが可能となるので、1社しかないところより若干希望があります。

 

つまり、A社は保証してくれないけど、B社が保証をしてくれるので、貸し付けが可能。という仕組みです。

 

ただ、信用情報に明らかなキズがある場合は、例え保証会社が複数あっても、審査に通過できることはありません。

 

保証会社は、先述した保証人の役割を担っているわけであり、連帯保証人ではない為、借り入れ契約者が完全に返済不能になった際にしか代位弁済は行われません。
加えて、あくまで保証会社もビジネスで債務者の保証をしているので、代位弁済した分は債務者に請求がされます。

 

個人向けの少額貸付に担保は不要!

 

では、今度は担保は何故カードローン契約において不要なのかについて説明します。

 

担保は、債務が金銭で返済できなくなった際に、その代りになる物を保証として差し出します。

 

厳密にいえば、先述した保証人も人的担保です。

 

しかし、一般的に担保といえば、家や車など高価値が望める財産としての物的担保を指していることが多いです。

 

担保も、借り入れ契約者本人の返済能力を保証し、返済が果たされなかった場合にはそれに代わるという点では、保証人と同じ役割をしているといえます。

 

カードローンで、担保が不要な理由は単純に貸付額が、原則、少額だからです。

 

貸す金額が少額であるのに、担保を差し出すとなると、返済不能になって差し押さえをしたとして、貸付側が有利になってしまう可能性があります。

 

加えて、カードローンでは、生活費の補填などが借り入れの目的である少額の借り入れが圧倒的に多いため、担保が必要となった場合、利用できる顧客のターゲット層が限られてきてしまうからです。

 

カードローンの中には、最高限度額1000万円というようなものもありますが、正直にいえば最高限度額が適用されることはないでしょう。

 

また、初めてカードローン契約をする場合、適用される限度額は最高でも50万円までです。

 

カードローンとは違い、担保を必要とするローン契約は大体が何百万円、何千万円という高額の貸付が可能となっています。

 

例えば、住宅ローンやカーローンなどは、借入額が高額になることから、担保が必要なことが多いです。

 

ただし、そういった高額のローンは、自身の与信や返済能力に加え、担保の価値も認められない事には、そうそう契約が出来ません。

 

そのような点で、少額の貸付に特化することで、担保不要でも契約可能なカードローンは利用がし易いといえるでしょう。

 

担保や保証人が必要になるローンとは?

 

最初の方で述べたように、住宅ローンなどのように一度の融資額が高額になる資金用途のローンは、原則担保もしくは保証人が必要になってきます。

 

他には、銀行のカードローンは消費者金融のカードローン同様に担保・保証人不要ですが、フリーローンは担保と保証人を用意する必要が出てきます。

 

ただ、銀行のフリーローンは有担保型・無担保型が選べたり、保証人を立てるか保証料を払って保証付き契約をするかが選択できます。

 

カードローンの場合は上述してきたように、金利に保証料が含まれていますが、銀行のフリーローンの場合は別途保証料として支払いが必要です。

 

保証人を立てると、借り入れ契約者がいざ返済不能になった際にトラブルとなることが多いので、保証付きでフリローンを契約する方が多いです。

 

他には、中小消費者金融でカードローン契約をする際、自身の与信状態が良くない場合は、担保を求められることもあります。

 

それは、中小消費者金融の場合、大手消費者金融と比べて、貸し倒れリスクの高い顧客に貸付をすることで成り立っている業者が少なくないからです。

 

その為、人によっては、担保が用意できるなら貸します。という、貸し付けの仕方を中小消費者金融はカードローンでもすることがあります。

 

また、学生ローンという種類のローンプランも一部の金融機関には用意されていたりするのですが、学生ローンも保護者を保証人として立ての契約が条件として多いです。

 

担保や保証人、保証料を要するローン契約にも、もちろん審査があります。

 

その為、何も担保を用意し保証人を立てられれば、絶対に借り入れが出来る。というものではありません。

 

特に、有担保のローンは担保になる物ならない物の評価がされますし、年月が経つ事で担保の価値が変わってしまうリスクもあります。

 

そのあたりを考えると、自身の返済能力だけで必要な金額が借りられる可能性があるカードローンは利便性が高いといえるでしょう。

 

ただ、その分利息が高めであることは理解しておく必要があります。