初めての消費者金融おすすめは?限度額いくらで借りられる?

MENU

キャッシング増額審査通過するには?審査落ちの原因やかかる時間は?

 

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、限度額の増額が可能です。

 

増額をするとそれまでの限度額よりも高い金額でキャッシングが出来るようになります。

 

しかし、限度額の増額をするには増額審査を受ける必要があり、誰でも確実に限度額が増やせるわけではありません。

 

キャッシング限度額増額の方法は?

 

限度額増額をする方法としては、金融機関から案内が届くか自分で増額する方法があります。

 

どちらの方法であっても増額審査はありますが、基本的に金融機関の方から増額の案内が来た方が、限度額増額の可能性が高いです。

 

ただし、増額案内がきても絶対に増額審査に通過できるわけではありません。

 

原則、借り入れ・返済状況に問題のない顧客に金融機関も増額を勧めますが、その段階ではまだ細かく審査はされていないといえます。

 

その為、増額案内から限度額増額申し込みをしても、信用情報の状態が良くなければ審査に落ちて増額出来ません。

 

増額案内は案内を送ってきた金融機関でのキャッシング履歴で判断して送る傾向にあります。

 

すると、実は他社で返済遅延があったり、他社借入件数や残高が増えすぎていたりしている事は、増額審査をして初めて分かるので案内がきたとしても審査に落ちてしまうのです。

 

限度額の増額は、案内を待たずに自分のタイミングで申し込む事も出来ます。

 

案内が来ていないからといって、自分で増額を申し込むと審査に絶対に落ちる!という事はありません。

 

ところが、キャッシングをし始めてまだ半年も経っていない場合は、増額申し込みはしない方が良いです。

 

限度額の増額は、最低でも半年から1年はキャッシング利用をして、返済実績を積んでから申し込んだ方が審査落ちのリスクが低く済みます。

 

あまり契約してから早い段階で増額審査を受けても、与信状態も収入状態も変わっていないでしょうから、増額に失敗する可能性が高いです。

 

クレジットカードの増額は自動

 

時に、クレジットカードのショッピング枠の限度額は自動で増額される事があります。

 

キャッシング枠に関してはカードローンと同様申し込みが必要ですが、ショッピング枠は問題なくカードを利用していると自動で増えていく事が少なくありません。

 

後日、会員ページやハガキで限度額増額の通知が入り、増額がされた事が分かる事がクレジットカードの場合は多いといえます。

 

使いすぎが心配な方は、会員ページや電話で利用可能枠の減額希望も可能です。

 

増額審査に通過するには?審査落ちしてしまう原因は何?

 

増額審査は新規契約時の審査よりも審査のハードルが上がっているといえます。

 

ただ、例えば年収が必ず上がっていないと増額審査に落ちる!というような事ではなく、それまでの利用履歴が審査で重要です。

 

つまり、増額申し込みをした契約先でのキャッシングや他社での利用履歴に問題があると、増額審査通過は厳しいといえるでしょう。

 

増額審査に落ちてしまう原因は、具体的に以下のような事が挙げられます。

 

増額審査落ちの原因
  • 金融事故を起こした
  • 返済遅れ・延滞があった
  • 多重債務(借り入れ件数4件以上)
  • 総量規制を超えそう

 

確実に増額出来ない状態として、増額申請先でも他社でも債務整理や自己破産などの金融事故や返済遅れ・延滞をした事がある場合が挙げられます。

 

特に、金融事故で信用情報に異動情報が記録されていると、増額審査に通過出来ないどころかキャッシングの利用が出来なくなるでしょう。

 

また、返済を短期でも長期でも遅れたという履歴があると、増額審査ではかなり不利になってきます。

 

今までの限度額の範囲内でも返済が出来ていない方に、さらに多い金額を貸すような事はまずないです。

 

加えて、増額申請した先以外の他社借入が4件以上だったり、年収に対して残高が多すぎたりする場合も増額審査通過は厳しいでしょう。

 

消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシングは、総量規制による年収の3分の1までの融資という規定もある為、超えそうな場合は増額出来ない可能性が高いです。

 

増額審査でも基本的には新規契約時の審査同様に信用情報の状態が重要ですが、既に利用履歴がある状態で再度審査を受けるので健全な利用実績が積めている事が大切といえます。

 

転職や連絡先の変更は伝えておく

 

時に、信用情報に問題がなくても、契約時と全く情報が変わってしまっていて審査の際に時間がかかったり、審査落ちの原因になったりする事もあります。

 

特に転職をしたり登録した携帯の連絡先などが変わったりした場合は、増額を申し込む前に正確な情報に変更して再登録しておきましょう。

 

増額審査時に、契約時の申し込み情報と異なる点があると確認に時間がかかりますし、意図的に嘘を付いていると判断されてしまう可能性があるので、余計な点で審査落ちの原因を作ってしまわないように注意が必要です。

 

というのも、金融機関は契約者と連絡が取れなくなって借金を踏み倒されるのが一番困るので、連絡先や収入元の勤務先は正確に把握しておきたいからです。

 

引っ越した場合なども、新住所を必ず契約先に登録しておきましょう。

 

ちなみに、転職は例え収入や役職が上がっていても、転職してすぐの場合安定性に欠けるという事で審査に不利になり易いといえます。

 

その為、転職してすぐの増額審査はなるべく避け、最低でも転職先で6カ月〜1年は勤続した後で増額を検討しましょう。

 

増額審査にかかる時間は?即日で増額は出来る?

 

急遽、高額キャッシングの必要があって増額を検討している場合もあると思います。

 

限度額増額は申し込みをした即日中に完了する事もあれば、2〜3日かかる事もあり必ず即日中に増額が出来るとは限りません。

 

増額審査にかかる時間は、契約先と自身の与信状態によって早く済む事もあれば長くなる事もあります。

 

基本的に即日で増額出来る可能性があるのは、消費者金融カードローンでのキャッシング限度額です。

 

銀行カードローンやクレジットカードの限度額増額は、早く2〜3日遅いと1週間ほどかかることが多く、急いでいる際には向いていないでしょう。

 

その点、消費者金融カードローンでは特にキャッシング利用状況に問題がなく、平日の早い時間に増額申し込みをする事で、即日中に増額出来る可能性が高いです。

 

ただ、他社借入が多かったり返済遅れをした事があったりと、審査で不利な状態の場合は増額審査に時間がかかり、即日中に審査が完了しないでしょう。

 

増額申し込みは電話でした方が早い

 

限度額の増額申し込みは、契約先のネット会員ページや自動契約機からも可能です。

 

しかし、どの方法で増額申し込みをしても途中で電話でのやりとりが入る為、最初から電話で申し込むのがおすすめです。

 

ただ、即日中に増額したい場合は契約先の電話受付対応時間内に申込む必要があります。

 

大体どの金融機関も土日祝日は電話対応していないことが多いので、平日に増額申し込みをするのが無難です。

 

また、審査も基本的には平日の営業日にしか行われないので、増額を急いでいる場合は平日の午前中に電話で申し込むのが良いでしょう。

 

審査の結果連絡は電話又はメールで連絡が入ります。

 

増額する金額が高いと収入証明書が必要!

 

限度額の増額は大体10万円ずつくらいで増えるのが通常です。

 

その為、限度額30万円から急に100万円に増額出来る!というわけではありません。

 

また、限度額が1社50万円以上または他社借入100万円以上になる場合は収入証明書の提出が必要です。

 

収入証明書として提出する書類として以下のような書類が挙げられます。

 

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 課税証明書

 

加えて、転職したり年収などが大幅に変わった場合も、収入証明書の提出が求められる可能性があります。

 

キャッシング出来る金額を増やすわけですから、安定した収入が正確に証明できた方が審査通過し易いので、なるべく収入証明書は用意しておいて増額申し込みをした方が良いです。